アーカイブ

‘0002TEC DIVE’ カテゴリーのアーカイブ

2018.3.10 スキルアッププール

2018 年 3 月 14 日 Comments off

スキルアップトレーニングコースの展開でした

 

本日はシェルドライ特有のヘビーインナーおよびライトインナーウェアー装着時の

コンフィグレーション調整、パーフェクトボイヤンシー&トリムコントロール実践

理論&スキル練習ではバックワードキック

完成すること」が主なトレーニングメニュー 

ニュートラル停止時のトリム姿勢にありがちなノーズアップ・ダウンテール時のリカバリー補正 

フロッグキック推進&バックワードキック後斜め上方推進をして支点中心軸から水平ストリームラインに補正する内容のトレーニングでした

ロングランにて熱心に自己トレして頂きました 

本日はプライベートレッスンコース

ご参加頂きましてありがとうございました

2018.1.27 大瀬崎ディープダイブ

2018 年 1 月 31 日 Comments off

西伊豆にTECディープダイブへ行って参りました

今週は雪も降り関東や東海地域にも寒波がかかり寒い日が続く日々が続きました。本日は風も収まりまた天気も晴れ日和です

ステージボトルのGAS準備からスタート 

 

今回も加速減圧用に最もポピュラーなEANX50%濃度使用のダイブプランニング まずは正確なガスブレンディング作業から自らのGAS作成致します

ダイビングスタートです本日も

みなさまよろしくお願いいたします

シャーロエリアにてウォーミングアップ

あらかじめチーム全員で決めたダイブプランニングに基づきてディープゾーンに向けて進みます

時期的に水温が一定で安定した深度下は

さらに透明度良くなり生物も増えて来ます

途中経過の35Mより5Mおきのチームダイバーメンタル&フィジカルチエック!! 全員のライトシグナルによる「GOサイン」からさらにディープエリアを目指します

40Mを過ぎたあたりからは生物も水温が一定の安定した環境を好むためでしょうか?凄い数の群れに圧倒されます

 

素晴らしい水中の光景が広がります

45M付近にても全員の「Goサイン」シグナル

ムチカラマツの森林ゾーンを深度を下げて行きます

本日のプランニングMAX55M付近  

思った以上に生物は沢山居ます

ここからは浮上体制のプロセスに進みます

 

本日のプランニングは修正ビュールマンモデル(ビュールマンZH-L16)のアルゴリズム使用デスクトップソフトにて算出してのダイビングの実施、EANX50%GAS MAX21M(1,6ATA)加速減圧10フィートストップ(3Mごと停止)今回はさらに保守的に15M/1分 12M/1分 9M/2分 6M/3分 3M/4分ストップのち2M/1分 1M/1分ストップアップのダイブでした

シャローエリアには太陽光線が燦々と降り注ぎキラキラ眩しい

 

みなさまチームワーク良いストイックな2回のディープダイビングが出来ました ご参加ありがとうございます。

 

帰りに道路脇の高台から大瀬崎岬を見ますと冬場の風物詩ヤリイカ夜釣の船が集まって来てました 水中に大型集魚ライト降ろして日中150~200Mを回遊しているヤリイカが夜間船下まで浮いてくる幻想的な釣りがここ駿河湾では見られます。

 

2017.10.15  熱海 DEEP&WRECK DIVE

2017 年 10 月 19 日 Comments off

本日はダイブマスターコースの継続教育

トレーニング ディープ&レック監督・実践の展開でした 

海中に入ると陸の肌寒さは感じなく 暖かく透視の良い海が待ってました

本日もみなさまよろしくお願い致します。

船名は旭16号」 船のバウ側からアプローチ

フロントの中央の大型ロープ巻き込み用のウインチが迫力です

デッキには無数の小魚の群れが凄い数

事前打ち合わせした課題実践 トレーニングスタートです

 

中央で折れた船のバウからスターン側へと進みます

コンパス方位は2方位2点法にて担当はローテション制

 

 

 

おもな課題はPADIスペシャリティーDEEP&WRECK

のイントロ部分をガイドライン沿って役割分担にて実施

GANBA!

\(^o^)/

 

 

戻りのデッキにはやはり凄い数の

小魚の大群が熱烈歓迎してくれます

1ST&2NDダイブと予定していた

課題を全て完了 浮上のプロセスへ進みます

直潜降&直浮上パターンでしたので保守的に

いつもより長めのセーフティーストップの実施

秋雨前線が本州にかかって一日中 雨のお天気でしたが10月の高水温で水中は暖かくドライスーツでは汗ばむほどでした。本日はみなさまのご参加お疲れさまでした そしてありがとうございます。