アーカイブ

‘0002TEC DIVE’ カテゴリーのアーカイブ

2017.7.11~12 テクニカルダイブ 海洋トレーニング

2017 年 7 月 17 日 Comments off

本日は西伊豆駿河湾 大瀬崎にてプライベートレッスンコースにてTEC海洋トレーニングの展開でした

 

穏やかな西伊豆駿河奥湾の内浦湾

この度はメインバックガスはAIRのツインボトル またステージボトルはEANx50%にての40M MAX DEEPSのダイブプラン。 EANx50%GASの調整から

 

外は灼熱の暑い~夏!! 水シャワーを浴びてから 適切なコンフィグレーション実施からスタート

 

大瀬崎前浜にてのトレーニング ロングラインレイにて座標を確保

識別 座標ポイント4か所設営

 

 

 

メインバックGASのロックボトム(ミニマムガス)は標準の1/3に設定 またターンプレッシャーはスタンダードな常用GAS1/2ルール SACレートは潮流・運動量・心理的ストレス度により増減しますが経験値から今回は28L/1分ガスにてのガスプランにての実施でした。

前浜 湾内ポイントには砂地や砂泥を好む 生物も沢山

幾つかの 難易度の高い課題を実施・対応いただきました。

 

 

この度はご参加お疲れさまでした そしてありがとうございます。

 

2017.7.6 プールスキルトレーニング(TECダイブ)

2017 年 7 月 8 日 Comments off

 

本日はテクニカルダイブの加速減圧時のステージボトルコントロール及びシャローストップの縦方向のスキルトレーニング中心のプライベートレッスンの展開した。

 

GASシュアしての浮上コントロール

バックワーズキックをコンビネーションに用いて後方斜め上方リフト推進 トリム補正姿勢維持し 20センチ以内の誤差にてシャロー段階ストップアップなどハードルの高いスキルを熱心に練習頂きました。

本日はご参加頂きまして誠にありがとうございます。

2017.6.24 西伊豆 大瀬崎ディープダイブ

2017 年 6 月 30 日 Comments off

本日は駿河湾大瀬崎の

ディープダイビングに行って参りました

シャローエリアにてウォーミングアップ調整後はメインダイブプランに従いディープダイブスタートです 本日も皆様どうぞよろしくお願い致します。

本日は潮流を避けて あえて潮止まり時のダイブでしたが やはり潮流が効かなくとも大瀬岬先端 キンギョハナダイの群れ濃く熱烈歓迎を受けます。

 

ムチカラマツ林を進み、深度を下げて参ります。

 

水中には愉快な水中動生物が沢山!

大きなハタが出没

オニカサゴやアカハタ君

後ろ姿になりましたが2KG級のマダイ

大型のコロダイ君

深度下ではパープルビュティーやサクラダイまた各種人気のハナダイがまとまってウォチング出来ます。

また最大深度下では前浜からU/Wスクーターでアプローチしたクボさん&オギワラさん達のTECチームと遭遇致しました。

本日のプランのMAX DEEPsは50M

 

 

イバラカンザシ群生

生後1年くらい(500グラム)の真鯛

コロダイ

ウミヒゴイ系の仲間たちの広場も

こちらは魚の名前は・・・「オジサン」

 

そろそろ最終浮上体制にて本日のダイビングも満喫出来ました。

本日も皆様のご参加ありがとうございました。