ホーム > 0605_伊戸 > 2017.12.17 房総 伊戸ボートダイブ

2017.12.17 房総 伊戸ボートダイブ

2017 年 12 月 21 日

今年の潜り納めダイブは房総伊戸へ行って参りました

南房総ですからうす曇りの天気でも

太陽が注ぎ 天気よく眩しく暖かい

 

本日もダイビングスタートです 

みなさま本日もどうぞよろしくお願いいたします。

潜降して参りますと 大きな「マダイ」が中層にて出迎えてくれました

真鯛さまを「タイラバーアクション」で寄せるように挑みますと 

「すぐに反応」

3KGクラスのメスの大きな真鯛様 よく見ると左口に端物仕掛けの大きな釣り針を掛けた傷らしき跡が 只今洲崎の沖200Mで釣船のイカの泳がせ端物一本釣が盛ん 頑張ってラインを切り逃げて浅場で餌の豊富なこちらのエリアにてケガを癒しているのでは・・・と思われます。元気に4月の産卵期に向けて過ごしていただきたいものです。

水底に着底後は漁礁周りから廻ります

中層には凄い数の「メジナ」群れ

水底付近にはホバーリングした「メバル」群れ

 

 

ヒゲダイやモロコ

 

その先には黄色と黒のストライプの

「テングダイ」が堂々の登場です

エイやサメ軍団エリアへ

こちらのサメはお腹に胎児が入った

「卵胎生」出産寸前のお母さんも居ました

 

ハマフエフキダイ

こちらは中層にたくさんいます「ショウサイフグ」

 

この河豚は食用でお鍋やテッチリで

冬場は陸上で別の意味で大人気用です

根回りにはカサゴやアカハタの根魚が住処にしてます

伊勢エビも岩の間に居ます

 

そして上層には回遊性の

「ヒラマサ」が飛来

動きが早く 画像ピントがボケ気味ですが

海のサラブレッドのようなお姿でした

クエ(モロコ)も堂々と登場

浮上計画時間となりました

帰港の際には上空の「カモメ」に

餌付けして近距離でウォチング

本日はご参加頂きまして誠にありがとうございました

沖合には大きな伊豆大島とトンガリ形状

の利島が近くにあるかのように見られました

カテゴリー: 0605_伊戸 タグ:
コメントは受け付けていません。