アーカイブ

‘0603_波左間’ カテゴリーのアーカイブ

2018.2.10 波佐間ボートダイブ

2018 年 2 月 14 日 Comments off

本日は波佐間沖に行って参りました

今日は南西の風で波佐間エリアは

風裏に位置し晴れのポカポカ陽気でした

潜降いたしますと透明度良好な海が待ってました

名物の大型コブダイ君の登場

そして本日のメインイベントのニュー漁礁からタイヤ漁礁そしてドリーム漁礁の3つ漁礁のスペシャルステージを巡るダイビング

 

特にタイヤ漁礁周りは「大型のイサキ」が

居付いて凄い数の群れを構成、圧倒されます

 

 

イサキの群れに囲まれて大迫力の中を進みます

 

またNEW漁礁や積上大型漁礁周りは大型ソフトコラールがカラフルで素晴らしい景観でした

浮上の際は上層にはメジナの群れが集結

今週末も晴天で透明度の良い海を満喫することが出来ました ご参加頂きまして誠にありがとうございました。

 

カテゴリー: 0603_波左間 タグ:

2018.1.21 房総 波佐間ボートダイブ

2018 年 1 月 25 日 Comments off

新春初回のダイブは房総館山の波佐間沖に潜って参りました

晴天のお天気の中エントリー

水温は15~16℃ 透明度も15Mクラスで良好な水中です

水底付近にはホバーリングしたメバルの群れが沢山

そして潮のよどみの水底付近に魚が群がってる

カワハギ・ハコフグ・シラコダイ・キタマクラ・イシダイが集結

水底のクラゲを捕食してる?と思い良く見ると「ヒカリボヤ」の一種のようでした。

この度は水温や時期的な事を考慮致しまして前半はマクロ探求ダイブ&後半はワイドレンジにての探求ダイブで挑みます。まずは漁礁周りにて水中動生物の生態特性から予想される生態領域エリアの魚礁ブロックをひとつひとつ皆様方と探索しながら進みます 水中動生物とのコミュニヶーションもダイビングの大きな魅力です。

 

水底にて擬態して油断した小魚を捕食する

「オニカサゴ」や「ヒラメ」などウォチング 

ブロックの間には マクロ系の生物も結構たくさん居ます

可愛らしい「カエルアンコウ」

鮮やかです ニシキウミウシ

通称「ピカチューウミウシ」こちらも人気物

正式名称はウデフリツノザヤウミウシ

 

チェツク柄の「クダゴンベイ」やはり

その筋の間ではなかなかの人気物です

アオウミウシ

 

イソギンチャクカクレエビも2匹いました

黄色に黒のストライプの「ミギマキ」が

群生して浮いた群れを構成してます

ここからは指向性を変えて広範囲に積上げ

コンクリート漁礁をワイドレンジに廻ります

 

カラフルで立派なソフトコーラルエリアを進みます

程よく潮流もありまして浮いた

群れも活性が高く豪華でした

大きな「コブダイ」も登場です。

 

早いものでダイビング

EX計画の時間となりました

浮上体勢に入ります

 

洋上は晴天の良い天気 1月は大時化の日が続きましたが今日は日もよくほぼ無風のよいコンデションでした。

本日はみなさまのご参加誠にありがとうございました。

 

 

カテゴリー: 0603_波左間, ダイブ ログ タグ:

2017.10.14 波佐間ジンベイウォチングツアー

2017 年 10 月 18 日 Comments off

 

今日はお客様のご要望いただきまして 8月末に引き続き 波佐間イケスダイブ。 数年ぶりにやって参りましたジンベイサメウォチングダイブの展開でした

ウワィ~ 「ジンベイ・・・・登場」

透明度が良く ジンベイの全景が良く見れます

迫力満点!

 

 

何時もと少し違った 30分間・・・・

大感動・・のご様子で御座いました。

また 本日はデジタルフォトスペシャリティーコース同時開催にて ジンベイザメなどテーマを持った撮影に挑戦。 そして座学クラスルームにては アドビ「フォトショップ」を使って JPG&HTML オリジナルのWEBサイトアップロードなどの課題をスムーズ実施いただきました

また違った新種のジンベイ・・・?ご存知KITAMAKURAクン

遠近撮影法で「ジンベイ撮影中の皆様の記念写真」

そして後半はシッカリダイブにて漁礁を廻ります

カラフルな素晴らしいソフトコーラルエリアを堪能

ミノカサゴ・イシガキダイ・カサゴなど根付の生物も豊富

積上型の大型漁礁 中層域にはたくさんのイサキの群れが

さらに中層には2匹のツバメウオ

品性の良い 優雅な泳ぎの舞です

本日は皆様のご参加誠にありがとうございました。

カテゴリー: 0603_波左間 タグ: