アーカイブ

‘0202_神子元’ カテゴリーのアーカイブ

2018.7.20 南伊豆 神子元島ボートツアー

2018 年 7 月 24 日 Comments off

本日は南伊豆沖の神子元島へ行って参りました

只今 神子元島にハンマーヘッド

シャークの群れがやって来てます

そんな人気の「ハンマーヘッド」ウォチング狙いでダイビング

大きなハンマーの登場です

 

そして後半に凄い数のハンマーが飛来 大迫力です! 

透明度が少し落ちた今回の神子元でしたが シッカリ見えました

ドリフトダイブで潮流に乗せて流してゆきますと

イサキやタカベの群れも凄い数です

人気のウミガメも4個体登場

神子元島ダイブを満喫出来ました

高速大型ダイビング船でクルージングです

皆様のご参加誠にありがとうございました。

カテゴリー: 0202_神子元 タグ:

2016.4.23~24 神子元&雲見ダイブ

2016 年 4 月 27 日 Comments off

天気の安定した今週末は南伊豆神子元島にてドリフト

ダイブ及び西伊豆雲見にて洞窟ダイブへ行って参りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA弓ヶ浜港から出航して神子元島へ高速走行にて移動です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA白い灯台がそびえ立つ神子元島到着致しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA天気は曇りでしたが透明度良好な海中でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA早々に根沿いにダイビング。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA270度方位に島から離れると強めの潮の流れ、

ファストダイブは水慣れ的ダイブにて島周りの根沿いをご案内です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA初めは少し潮流にあて気味に前に進み

後半は潮流に乗せて点在した根回りを移動します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA途中チャネル風な根回りも数々あり外洋の迫力が漂います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERAダイブ中2か所にてテングダイ君が登場

黄色に黒色のストライプが目を引きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA大きなサザエ!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERAエイも複数ウォチング◎

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA根の際にはニザダイやタカノハダイが群れてます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA画像には捉えられませんでしたが、中層には

いつものようにイサキやタカベ群れが居ました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERAエイが優雅に泳いでゆきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA\(^o^)/

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA本日は神子元周辺は激流にて、島周り中心に

江の口より西沖カド根付近までのダイブにて廻りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA途中、島に上陸してインターバルタイムを過ごします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA帰りは北風が吹きましたが20トンクラスの大型ダイビング船、高速にて帰港致します。女性を優先にシャワールームで温水シャワーでヌクヌク状態で快適でした。(右舷側は凄いウォタースプレー状態)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここからは雲見洞窟ダイブの画像です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA港の波止場にてのどかな陽だまりがいい感じ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA沖合の牛着岩へボートを進めます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA内湾側からエントリー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA大岩と小岩の間のチャネルを進みます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAチャネルの入口にはイバラカンザシ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA外洋側に移動

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA外海側の画像です。ソフトコーラルが沢山

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA竜宮城のようにカラフル世界が広がります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERAチャネルを進みます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERAここからは本日メインの水中トンネル移動ダイブです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA洞窟ダイブのベネトレーションダイブ、岩の間からの日差しが幻想的です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA倉沢さんが1番エリアにフィンガースプールにてライン引き込み作業。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA三沢さんが2番エリアのライン引き及びクッキーマーキング。

上級トレーニングご参加のお二人はストイックなダイブが続きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

皆様のご協力もあり水中フォーメーション良く

水中を広範囲に廻ることが出来ました\(^o^)/

OLYMPUS DIGITAL CAMERAダイビングを満喫してそろそろ計画時間となりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA椅子があり なんか観光地の集合写真のような感じ◎

OLYMPUS DIGITAL CAMERAこちらは漁業組合直売店の海産物コーナー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA伊勢海老やアワビ・サザエなども販売中でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERAそー雲見温泉民宿にての宿泊でしたが海鮮のお食事がとても美味しかったです。またチョッピリ塩が効いた温泉源泉もいい感じ。この度はみなさまのご利用ご参加ありがとうございました。

カテゴリー: 0111_雲見, 0202_神子元, ダイブ ログ タグ:

2015.9.21~23 堂ヶ島&神子元島ツアー

2015 年 10 月 2 日 Comments off

西伊豆堂ヶ島と南伊豆神子元島への遠征ツアーに行って参りました。

天気も良好、低気圧の接近で北東の風があり透明度が少し低下してはいましたがまずまずのコンデションです。
1aa

1aaa

1aaaaa
特に西海岸側では半島の風裏になるためほぼ凪の状態
1b

1bbb
なんか早いと思ったら。堂ヶ島のダイブボート
「スズキマリン250PS]のエンジンに乗せ換えて走りは良好。1cc

1ccc

1cccc
遊覧船気分で洞窟クルーズも
1cccccccc

1d

1dd

1ddd
テングダイの乱舞!!
1dddd

1e

1ee
今回の遠征ダイブはすべて根回りを探索するダイブにて巡ります。
1eee

1f
この時期ですから中層にはイサキ・アジ・タカベなどが回遊。
1ff

1fff

1ffff

1ffffffff

2a

2aa
水底にはソフトコラールが多い茂ります。
2aaa

2aaaa

2b
根回りダイブは水底からそびえ立つ山脈風の素晴らしい景観を進みます。
2bb

3a
水底付近にもイサキが溜まっています。
3aa

3aaa

3b
中層から上層には群れが凄い数。
3bb

3bbb

3c

3cc
特に根に当たった潮流がアップカレント気味の層は
プランクトンが寄るためすさまじ大群となります。3ccc

3d

3dd

3ddd

3e

3ee

3eee

3eeeee

3f

3ff

3fff

3ffff

3ffffff

3g
アジを狙って肉食の「カンパチ」が
捕食活動。体当たり風な動きが素早いです。3gg

3h

3hh

4a
根の際にはキンギョハナダイやスズメダイの群れ。
4aa

4aaa

4b

4bb

4bbb
後半は根から離れてアップカレントが効いた中層を潮流を向かって進みます。
4bbbb
そのようなエリアは少し難しいので長い時間
止めていられませんが素晴らしい光景です、手の届きそうな目の前まで大群が押し寄せます。4c

4cc

4ccc

4d

4dd

4ddd

4dddd

4e
群れに癒され満喫後は また根回りに移動いたします。
4ee

5a

5aa

5aaa

5b

5bb

5bbb

5bbbb

5c

5cc

5d

5dd
チャネル周りも挑みました。
5ddd

5e

5ee

5eee

5f

5ff

5fff
遠征ダイブならではのダイナミックな地形です。
5g

5gg

6a

6aa

6aaa

6aaaa

6b

6bb

6bbb

6c

6cc

6ccc

6d

6dd

6ddd

6e
GO PROにて動画に挑みます。カメラを
エクステーションするとチャンスも倍増!6ee

6eee

7a
そー お泊りのお食事も最高でしたね、
海の幸が好きな皆様で特に◎
8a

8b
西伊豆から南伊豆の沖合の小さな島が点在する景観も良かったです。
8c

8w
2日間満喫のダイビングが出来ました
皆様ご協力ありがとうございました。また是非 週末には海にお出掛けくださませ。
8z

 

カテゴリー: 0109_堂ヶ島, 0202_神子元, ダイブ ログ タグ:

2014.11.8 南伊豆 神子元島ボート

2014 年 11 月 10 日 Comments off

いつもより早く東京を出発して伊豆半島先端の神子元島まで行って参りました。

26時半過ぎの移動中車から画像、日の出の時間が随分と遅くなった感じが致します。

3当初の予報では台風20号が伊豆方面に向かうようなので開催が危ぶまれましたが、

幸いな事に台風は南の海上で東にそれて今回影響はありません。

4

クルージングスタート、快適な大型ダイビングボートです。

14b弓ヶ浜港を出航、ダイビングボートは高速で神子元島に向かいます。

4b本日はの天気予報は曇りでしたが、現着の頃にからはよく晴れました。

7ダイビングスタートです。水温22,5℃キープ。6z先週まで伊豆半島を含め広い範囲で透明度

低下気味でしたが、本日は15M前後の良好な透視度キープ◎

7b

 

7eドリフトダイブスタイルにての快適ダイブです。

8a

ポイントは水中は起伏に富んだ 入り組んだ根が続きます。

根と根の間の谷間がチャネル風な感じで地形も魅力的な神子元島です。

8b

8cハンマーやメジロ・トビエイなどは潮が当たらずご対面はできませんでしたがワイルドな海を堪能!

10大きな「ハリセンボン」に遭遇、可愛いなっこい顔つきです。

10a

11大型のアオブダイがあちらこちらで見受けられます。

11d

12ホバーリングしたオジサン(名前がいいですね)も居ますね。

12bタカベのイエローカラーが綺麗です。

12bb

 

12cキンギョハナダイやイサキの群れも

13k

7dカド根全域またジャブ根から150度方位への移動にてのコースでご案内。

9c

14安全停止をして浮上。ボートピックアップを待ちます。

14a

5ダイビングの合間はバウデッキにて日光浴、ぽかぽかで気持ちが良いです。

1

本日もメンバーの皆様にお越し頂きダイビングに行って来ました。いつも本当に有難うございます。

本日の神子元の海と申しますと水温は23℃キープ、透明度は回復基調!

夏の魚イサキやタカベの群れの魚影&プランクトンが減って参りまして

秋から冬の海に変わる雰囲気を感じさせてくれる海でございました。

今後は気温・水温が共に下がる傾向になりますので、保温対策十分に致しましょう。

 

カテゴリー: 0202_神子元, ダイブ ログ タグ:

2013.9.28~29日 神子元島&雲見ツアー

2013 年 10 月 6 日 Comments off

2013.9.28~29日は、早朝からみなさまにお集まり頂き南伊豆の神子元島と雲見へ

一泊二日にてダイビング旅行に行って参りました。

1移動途中車より海を見ると水平線より、日が昇り美しい光景です。2天気は良いのですが、季節の変わり目なのでしょうか。

本日は北東の風が強く高速で走るクルーザはご覧の様なウォタースプレー状態です。14

4本日の神子元の透明度は、先週の大時化の影響もあり透明度は12M位で若干の濁りがあります。5ダイビングをスタートするとテングダイの群れが出迎えてくれます。6あちらこちらに、テングダイのファミリーが登場してくれました。8 テングダイの黄色と黒のコンビのカラーが目立ちますね。13

15横筋ラインが目印の通称「ウリンボ」イサキの群れが中層に居ます。16

こちらは黄色のラインのタカベの群れ。17何て言っても今回はこの「タカベ」の大群の凄い数には圧倒されます。21

22タカベのイエローラインが印象的でとても綺麗ね色彩です。25

29さすが神子元島ですね!スタートから最終までまるでタカベ群れが

我々に寄ってくるように登場してくれました。素晴らしい光景です。30

32

33

34お魚の王者、大きなマダイも堂々の登場してくれました。35今回は海上の風が毎秒12M程の強風の為、ダイブエリアを神子元島の風裏エリアの海中してのご案内36トビエイが登場!!37ハンマーヘッドシャークのエリアは立ち寄れませんでしたが、

トビエイなど多くの大群の生物をウォチング出来ました。38

40

42ダイビングを満喫してそろそろ浮上タイムです。43ドリフトダイブ定番のSMBをバルーンアップしてセーフティーストップしてダイビングを終えます。44弓ヶ浜に帰港してくると沖合いとは打って変わってこちらのエリアは無風です。45休憩タイムは、ゆっくりお弁当食べたりして、ぽかぽかの日向ぼっこで

秋になり湿度の無いカラットした天気が快適です。46

48そして本日は西伊豆の堂ヶ島温泉に宿泊です。

49西伊豆らしい景色がまたまた絶景です。50夕食も豪華な海の幸でお腹がいっぱいです。51そしてツアー2日目は雲見にダイビングに行ってきました。52目指すは人気の牛着島の洞窟ポイント63a

63

64aお待たせしました。さーいよいよダイビングスタートです。56本日は、洞窟&トンネル通過仕様の装備にて挑みます。64aa

41

67潜降すると大きなコロダイが出迎えてくれました。68

70いよいよ洞窟ダイブスタートです。72

まずは縦穴から洞窟に入ります。73

75

大ちゃんがデジカメで洞窟の一部を動画で撮影


76

77

78

79

80

幻想的なブルーな異次元的な世界が広がります。

81

82

83

84

85

86

88

89

90

91

92

洞窟ダイブを満喫、上から光がぼんやり光ってまして幻想的です。

ハタンポやネンブツダイの無数の群れも素晴らしい。

93洞窟内に居た「宝貝」です93b

93c

93e

93f

93g

93i

93k

93n

97

ドラマ「とんび」の舞台となった、雲見の部落。

08

ダイビングを終えて、漁業組合の海産特選品のお土産を購入。

99

 

101

松崎のところてん 食べ放題の定食屋さん。

102

ボリーム満点の定食。ところてんも食べ過ぎました!!

満腹・・・たくさん食べて潜っての2日間でした。(また太ったかも?)

103

54

本日も朝早くから皆さまお集まり頂き、神子元&雲見遠征ダイビングツアー

 出発する事が出来ました。いつもご利用ありがとうございます。

ここ数日、北東の風が強く東海岸は時化気味でしたが

幸い西伊豆雲見は穏やかなダイブ出来洞窟ダイブを満喫、南伊豆神子元島は

風裏ポイントをしっかり潜ってダイビングを楽しむ事が出来ました。

この度は遠征ダイブツアーにご参加お疲れ様です、そしてありがとうございました。

2012.9.22&23 神子元島ツアー

2012 年 9 月 25 日 Comments off

今年初の伊豆半島の先端、神子元島に行ってきました。最近はハンマーヘッドシャーク(アカシュモクサメ)の群れが入りだしてワイルドな神子元になったとの情報から今年も行って参りました。。結果2日間6ボートダイブ満喫致しました。ご参加の皆さんお疲れ様そしてありがとうございました.

ご参加いただいたみなさま、初ハンマーの方もおいでになり気合が入ります。

 ダイビング専用船の「290」(福丸20トンのキール船底船)安定した船体でダイビングをフルサポートしてくれます。

 到着・・・・・です。灯台がシンボルマークの神子元島です。

出ました・・・ハンマーヘッドシャーク50~70匹。

今回は深めの25Mしかも急流!6ダイブして3ダイブモニター出来ました。

 

 神子元島はタカベのすごい群れが連発!すごく綺麗な光景です。

 

 ワラサも回遊してます。ハンマー多発の時はワラサも群れを小さくして活動しているようですね。

 カンパチはあちらこちらに見られます。

 ダイナミックな地形も魅力的です。

テングダイもたくさん満喫しました。

 外洋のエキジットのワンシーン。お疲れ様でした。

 おやつにみんなで名物、岩田商店の「塩アイス」を食べましたが激旨。

下田はお魚料理もお勧め、鯛の御造りや、金目鯛の煮付けなど、海産物が美味しかったです。

カテゴリー: 0202_神子元, ダイブ ログ タグ: