アーカイブ

2020 年 2 月 のアーカイブ

2020.2.23 ダイビング理論(初心者コース)

2020 年 2 月 25 日 Comments off

オープンウォーターダイバーコースのダイビング理論クラスルームでした

2度の体験ダイビングと夏場伊豆半島でのスノーケリングで海の魅力の虜に

 

 夏に向けオープンウォーターダイバー認定コースに挑戦です。

大学のお休みの期間を利用してご参加でした お友達は「ツボちゃん」て愛称でみんなが呼びます。海でご一緒際は皆様よろしくです。

カテゴリー: ブログ タグ:

2020.2.9 東海岸 伊豆山ボートダイブ

2020 年 2 月 15 日 Comments off

伊豆山沖合の根回り連山のポイントを潜って参りました

 

快晴の晴れの天気です。午前中は北東の風8M/Sで波あり荒れ気味でしたが 後半は風も2M/Sくらいまでに収まり安定した良い凪となりました。そのような訳で本日は沖根南・沖根・沖根東・大黒根の4つの連山根回りを南から北側に流れる潮流に乗せてライブボーディングドリフトのダイブスタイルで最大深度部のディープコースでワンダイブまた根の中層からTOPの根際のシャローエリア主体のドリフトコースダイブの2回のダイビングにて広範囲に水中を廻りました。

時期的に冬季で開催ツアーが少なくブログが寂しいので 今回はたくさんの水中画像を掲載させていただきました。 ダイナミックな水中の隠れ根とカラフルなソフトコラールを感じていたきまして 皆様に伊豆の近海沿岸のダイブの素晴らしさが伝われば嬉しいです。

 

こちらの伊豆山の水中はソフトコーラルが

沢山お生い茂りカラフルな水中景色が続きます。

赤や紫のソフトコーラル「トゲトサカ」が岩に沢山

 

ウミウチワやウミトサカが綺麗です

真っ赤な「イソバナ」も見事な光景です

 

 

 

 

各根際のチャネル周りを廻ります。

 

 

 

砂地にはコロダイが集まってました

 

 

 

少し大きめな12Lシリンダーのエアーもミニマムガス50BARまでしっかり使用して水中移動し広範囲に巡りました。時間一杯に潜り浮上体制のプロセスで進みます。今回はトレーニング兼ねてKAIさんがドリフトスタイルでマーカーブイを10MからSMBアップ3段階ストップの実施、セーフティーストップリーダーを見事にこなして頂きました。

ダイビングお疲れ様でした

また、野外の特設水槽にて伊豆山温泉の源泉を溜めてダイブスーツのままでヌクヌク露天風呂!ポカポカ体が暖まりますね

そしてダイブ中に船長さんの女将さんが大鍋で漁師風大盛りおでん造って頂きました。

また スルメ烏賊を天日干して焼いて美味しくいただきました。こちらも絶品でしたご馳走様でした。

冬時期の海でしたが水温高く、天気も良く意外とポカポカでした。

本日はみなさまお疲れ様でした そしてご参加ありがとうございます。

 

短編動画も撮りました よろしかったらご覧ください

 

 

カテゴリー: 0301_伊豆山, ブログ タグ:

2020.2.1  房総ビーチ視察

2020 年 2 月 6 日 Comments off

本日は房総館山エリアへ夏場に向けて海洋実習・体験ダイブ・スノケーリング等の利用する現場視察でした。

今回はオオクボ・タカハシ・ナカキ・スドウの4名のスタッフにて行って参りました。

 

こちらは西川名ビーチ 西川名港より西側洲崎寄りの磯場のビーチです。

 

NOPの寺本さんがエントリーしやすいように岩を削り

 階段のようになるべく入りやすいようにした力作。

本日は北風の為 こちらの海域は西を向いて開いていたためよい凪です。

視察ダイブスタート 深度3M~7M前後を沖に向けて移動

水中は岩場で水温は16℃です

5M付近には漁礁ブロックが何故か1個ありました

サクッと潜って次のポイントへ

 

こちらは館山 波佐間ビーチ

今日は北風が強く 北向きの海岸では大時化で荒れてます。

南風にはめっぽう強いビーチポイントです

こちらは館山坂田ビーチ シークロップダイビング

サービスの下30Mほどの距離にあるビーチポイント

坂田ビーチは沖からの風向き的には色々な方向の向きに対応できそうです

そしてこちらは 館山 沖ノ島です。

特に沖ノ島一番沖側はスノークリング

で人気の場所だけあり景色も絶景です

洞窟探検できます

お客様に快適なダイビングを出来ますように冬季間に現地視察を含め新ポイント等スタッフ一同みな精査研究致してます。この度は(敬称略)西川名オーシャンパーク・坂田シークロップダイブセンター・波佐間海中公園・伊戸ダイビングセンター・沖ノ島ダイビングセンターマリンスノーのご協力ありがとうございました。

 

カテゴリー: 0603_波左間, 0604_西川名, 0609_坂田, ブログ タグ: