アーカイブ

‘0604_西川名’ カテゴリーのアーカイブ

2021.3.14 南房総 西川名ボートダイブ

2021 年 3 月 19 日 Comments off

今日は館山西川名の大根ポイントへ行って参りました

(洋上では遠くに富士山・左側には伊豆大島が見えます)

昨日は列島を低気圧移動で南西の湿度高い気温20℃の瞬間最大風速30M/Sの風と一日中の土砂降りで大時化の海でした。そして今日は打って変わって晴天の良い天気 低気圧一過で北東の風に代わり海も穏やかになって参りました。

うねりの残る海でしたが状況は◎DESU!!

潜降すると いきなり「ウミガメ」

子亀に遭遇。お互いビックリ!

 

時化の後の海でしたので透明度は6M前後

でしたが水自体色は良く透視は良好でした

ウミスズメの仲間 角ばってますが立派な河豚です。

大きなコロダイが群生してます

 

そして「ハリセンボン」も登場!

ユーモラスな可愛い顔つきです

 

黒と黄色のストライプのテングダイが登場です

中層には西川名名物「ヒゲダイ」がいます

 

いろいろな生物が登場した満喫ダイブでした。

ダイビングボートは快晴の洋上を進みます

カテゴリー: 0604_西川名 タグ:

2021.2.14 南房総西川名ダイブ

2021 年 2 月 18 日 Comments off

本日はマンツーマンダイブレッスンにて西川名大根周りを巡りました

御希望により自立したダイバーを目指して

熱心に課題ダイブ実習にご参加頂きました

岩礁のTOPのシャロー部分にはニザダイ・ブダイ・メジナなどの根回りを好む魚が群れてます

 

水底付近はクエやイサキがモニター出来ます

OH! ハリセンボン君!

人面魚風の「コブダイ君」

 

人気の「テングダイ」もカップルで登場

本日イソギンチャクにはクマノミ不在で「ミツボシクロスズメ」が住居を占有

岩の間にはオトヒメエビ

いつものポピュラーなゲスト達ですが、目が可愛いでしょ

 

透明度・水温高く良好なコンディションの海が続きます

初のボートダイブと直線コンパスナビゲート潮流対応や浮力をキープして水中撮影などいろいろな水中課題をクリアして本日見事にオープンウォーターダイバー認定となりましたおめでとうございます。是非 更なるステップアップ堪能致しましょう。ご参加お疲れ様そしてありがとうございました。

カテゴリー: 0604_西川名 タグ:

2020.12.26 館山 西川名ボートダイブ

2020 年 12 月 28 日 Comments off

今年最終のダイブに西川名沖の根周りに行って参りました

北風3,5/S 波高1M 晴天のお天気 透明度20M程 水温18.5℃の本日も良好な海況のコンディションです

Cブイに係留停泊 水面から水底18Mが

肉眼で船上からモニター出来ます

最高のコンデションの海に出撃です

 

 

本日も魚で溢れる 水中の根回りです

潜降するとアカハタやイサキが待ってました

西側の進路をとりますと 平場の根回りには生物が集中

これまでに見た事が無いほどの 

「カゴカキダイ大群」に圧倒致します

黄色と黒のストライプカラーの 

カゴカキダイ舞が素晴らしい!

水底の大きな隠れ根を巡ります

こちらは「タカノハダイ」の大群の住処

あちらこちらに一級品の大きな「クエ」が合計8匹登場

やはり房総半島の先端 黒潮の支流の海流が沿岸に到達する一級ポイントです。

大きなコブダイも登場

可愛いですね。私たちに寄って参りました

西川名名物「ヒゲダイ」です

大型のコロダイ君 よく見るとあの「ホンソメワケベラ」が体に付いた寄生虫などを捕食してクリーニングしています。

 

イサキの群れも素晴らしかった

満喫のダイブでしたがそろそろ潜水計画の時間にもなり今年最終の2ダイブも後半の浮上のプロセツに移行して参ります。

水底から見上げると水面のダイブボートの船底がクリアに見えます

しかも燦々と太陽が注いでます

ダイビングを終えて高速滑走運転にて帰港です

2020年は予期せぬコロナ過で世界中が大変な年でした。2021年も内側からモチベーション上げてアウトドア活動で3密を避けて 前向きに進んで参りましょう。今年一年みなさまのご利用ありがとうございます。

カテゴリー: 0604_西川名 タグ: