アーカイブ

‘0309_伊豆海洋公園’ カテゴリーのアーカイブ

2017.3.20  伊豆海洋公園ダイブ

2017 年 3 月 27 日 Comments off

東伊豆の城ケ崎海岸,

伊豆海洋公園行って参りました。

浅瀬の地形の関係でいつものようにEN&EX付近の波はあるもののサーフラインを越えれば穏やか。今日は特に透明度20Mクラスの良い海でした。

今日は浮力コース&ディープコース・

U/Wナビゲーションのトレーニングダイブの展開です。

お待たせ致しましたいよいよダイビングスタートです。

みなさま本日もどうぞよろしくお願いいたします。

良好なコンディションの水中を進みます。

ここ数日前からの東伊豆は素晴らしい透視度に魅了されます。

上層にはイワシや小魚の回遊

特に18M付近から深度下に広がる白い砂地が明るく綺麗です。

そして1の根を下ります。

1の根下のディープゾーンに到着

ウォールに着いたソフトコーラルにはオルトマンワラエビ

キンギョハナダイも舞ってます。

根際のウォールはダイナミック感の漂う景観

砂地にはエイが隠れてます。

お互いに目が合いゆっくりと移動

ゆっくり旋回、また着底しました。

ミギマキやアオブダイ・アカハタなどがたくさん。

サラサエビやイソギンチャク

コブダイとイラが着底してホンソメワケベラに

体の寄生虫をクリーニング!気持ち良さそうです。

またこちらの海洋公園の沖合は水中の砂地との境が湾状で囲まれているために、潮流はさほどなくこの3月くらいの時期からはネコサメの産卵期に入りまして沢山の大型のネコザメが産卵場を探して居ます。そのような訳で回遊中の大型のネコザメが4個体ウォチング出来ました。

普段は動かずじっとしているネコザメですが本日は産卵の適切場所探しで大忙しのようです。

ネコザメのお母さんは一度に約2個ずつドリル上の卵を産み付けます。一説には水底の岩盤に付着踏ん張りが効き海藻に擬態して外部の生物から身を守るとも言われてますが・・まだまだ分からない事が多いサメ系の卵の実態

大きなお腹です。

ネコザメなどの仲間は卵の産み付けは特に慎重です。

産卵後に長い間放置されのちにチビネコが出没致します。

3ダイブのトレーニングダイブにて

海洋公園を満喫ダイブ致しました。

みなさまのご参加誠にありがとうございました。

※こちらは只今のIOPの見どころマップです。

カテゴリー: 0309_伊豆海洋公園 タグ:

2015.1.25 東海岸 伊豆海洋公園

2015 年 1 月 28 日 Comments off

ツアー&トレーニングダイブため伊豆海洋公園通称「IOP」へ行って参りました

1a広々したダイバー専用の充実の設備が嬉しいですね。

2a早々にエントリー本日は14リッター大容量シリンダー仕様にてのダイブです。

2b本日こちらの海も透明度は良好

2c潜降して移動すると水中動生物の愉快な仲間達が出迎えてくれます。

3a

3c水中動生物との出会いもダイビングの楽しみの一つですね。

3dたくさんのメジナが浅瀬から深場まで幅広く居ました

3e

100cポピュラーではありますがトラギス君、遺伝子的にハゼとキスの合いの子的な存在。

両者の遺伝子をもちあわせます。※食用としてキスの身に似て白身で食べても美味しい・・・らしい。

4aこちらは深場に居ました オルトマンワラエビ。こちらのオルトマン君昔はダイバーには「ムギワラエビ」と呼ばれてました。ただ正式名称のムギワラエビ個体が存在している為今は「オルトマンワラエビ」と呼ぶようになったのでした。カニじゃ無くエビですよ??

4b小さいながらハサミで威嚇してます。「オルトマン君写真撮るだけですスミマセン!」

4cイエローラインが綺麗ですね。「ルリハタ君」生態的にウォールのエッジ付近をテリトリーとします

4dいつ見てもイエローとネオンブルーのコンビネーションが鮮やかな堂々の大きなキンチャクダイ

12d

4e一の根の上にはサクラダイやハナダイが沢山根付いてました。

5海綿から顔を出してる可愛いスズメダイの仲間

12c

12a

深い深度下でしたがマハタの親分?が居ましたね。

6a

6b

6c北東の風が海上3メーターほどありましてエントリーエキジットエリアはそれなりに波はありました。上手にエントリーして海に入ってしまえば全く問題なく透明度20M前後、水温17℃ 潮流無しの海況でみなさまの協力もあり広範囲に廻りました。

7aここからは本日メインのトレーニングダイブのお写真

anaraizaステージにEANX40%GAS使用してのダイブにて挑みます。

7c毎度の事ですが複数のGASコントロール時のコンフィギレーションはしっかりと

7d本日は最大40メーター深度 メインAIRガス14Lシングル仕様 DECOガスEANX40%1,4ATA最大として設定して24MにてGASスイッチして加速減圧を行いながら6メーターから0メーターまで各1Mごとに1分間づつ計6分間のファイブストップアップ浮上する セーフティーディープダイブプランにて挑みます。

8aまずは目的ポイントの1.5の根付近の40Mを目指します。容量の関係でそれほど長いダイブタイムではありませんが、今回はデスクトップダイブテーブルにて設定。あえてビュルマンモデルを使わず安全性がさらに高く現場対応しやすい最新のVPMモデルにてのダイブプランニングで挑みます。

8aaバディーチームの繊細なハンドイグナルやライトシグナルなどのダイブコミュニケーションも大切ですね

8c1の根を交わしてそろそろ到達です

8d今回は最大深度部は砂地水底を選択

8e個人差はありますがゆるやかなナルコシス状態 窒素麻酔作用があります。

8f一定の課題を実施して時間的にもM値を超え

9a1の根深度分から砂地の際に沿って北方位に少しづつ深度上げて行くリターンコース

9b

9c立派な根回りが続き地形を中心としたダイナミックな景観が伊豆海洋公園の魅力ですね。

9d予定より少し早めのターンプレーシャーに達してそろそろ戻ります。

9eシャーロストップにてファイブストップアップの実施、

こちらもコミュニュケーションよく上手に出来ました。

12e

本日はいつもより少しハードルの高いダイビングの実施でしたが

熱心にご参加頂き無事にディープダイブ終える事が出来ました。

10aダイビング後は暖かい野外お風呂にぷかぷか・・ポカポカ・・冷えた体が温まります。

10bさすが若者、貸切状態の露天風呂でお子様のように大喜びです!

10c

充実のダイビングが出来ました◎ 本日もご参加お疲れ様でした そしてありがとうございました。

2013.10.12  IOPダイブツアー

2013 年 10 月 16 日 Comments off

2013.10.12の10月の連休の初日は伊豆海洋公園が依然、

透明度・水温など海況が絶好調なため

セルフトレーニングを兼ねて行って来ました。

aa14

a1

a3透明度は良好で深度下25M付近でもご覧のようなクリアな水中が待ってました。

a5本日は4名でのチーム編成。

b1

b2

b4

b6

b7

b8

b9

b10

c1

c3

c5

d1こちらはIOPで人気のエリアの「1番の根」付近のお写真

d2

d3

d4

d5

d6今回、自己トレツアーに初参加の旧店舗2階の原歯科さんの

PADI INSTの通称「ハラケンさん」 初参加にてお楽しみ頂きました、

また、たくさんのデジカメ写真も撮って頂きましてありがとうございます。

e1愉快な水中の生物も出迎えてくれました。

e2アオヤガラがたくさん居ます。

e3ワラサが大接近して参りました。

e4フレンドリーなワラサ君です手が届くらいに寄って来ました。回遊魚らしくない行動パターン。

a4 今回のダイブプロフィールは最大深度は35M 60分ダイブを2ダイブ

 DEEP STOP&DECO STOP4段階STOP、計12分間にて浮上体制。

a2本日も朝からみなさまにお集まり頂き、IOPに向けて出発する事が出来ました。

いつもご利用ご参加ありがとうございます。本日の海況と申しますと、

天気も良く・水温も26度。透明度20~30Mと絶好調の海でした。

本日はご参加お疲れ様でした、またのみなさまのご参加お待ちしてます。